意志が弱い人でもお金が貯まるシンプルな方法

“お金を貯める事が出来ない人は意志が弱い方が多いです。そんな人はお金をあるだけ使ってしまうので、
給料日の振り込み金額の一部を自動で積み立てにまわす方法が有名です。いわゆる先取り貯金です。

毎月自由に使えるお金が5万円あった場合、残ったお金を貯金しようと考えるとかなり難しいです。
ですから、給料日に1万円積み立てで自動で引き落としをしてもらい、残った4万円で生活する方法を考えるという訳です。
この自動積立は一度仕組みを作ってしまえば楽ですが手続きをするのが面倒くさい、理解出来ても行動出来ない方もいます。

そんな方は積み立てる額を定期預金にする方法もあります。
定期預金ならATMで簡単に出来ますし、毎月好きな金額を設定する事が可能です。
また、定期預金などで預けたお金を満期前に引き出す場合、手続きが必要になるので手間がかかります。
一般的に人は手間がかかる事を嫌うので、定期預金を解約してまでお金を引き出す人はあまりいません。
ですからこの先取り貯金はかなり有効です。

反対に500円玉貯金や貯金箱にお金を貯める方法は挫折してしまう人が多いです。
それは目の前にお金があるので使おうと思えばすぐにお金が使えるからです。
今月は厳しいから貯めていたお金を少し使おう、自分へのご褒美だからいい、などの理由をつけてお金を使います。
これではいつまで経ってもお金を貯める事は出来ないでしょう。”

学費保険の支払で気付いた低減法

坊やが生まれて、薄々求められるままに契約したゆうちょの学費保険。
「月収、10000円くらい備蓄始めるつもりで!」と言われて、保険も付くのだから感謝だと考え、契約しました。
次が生まれた時折、惜しくも智恵が付いていたので速やかに結果。
坊やの階層がすすむほどに掛け金が高くなるからだ。
後ある程度は、月々の引き落としに溜まりがないように気を付けていましたが、ふと邪魔だと思うように。
そこで、ある時の賞与を利用して、総計通年程度の先払いを思いつきました。
ホームに行って聞いてみると、OKみたい。
しかもまとめて先払いするとオフが発生すると言われました。
これは初耳だ。
カップル分け前を5通年ずつ払い、計8,000円ほど掛け金が割り引かれました。
これって、通常貯蓄の金利よりもずっといいじゃない!
それからは、しげしげと先払いのための備蓄に勤しみました。
こういう対策のいいところは、「月収、払わなくっちゃ!」という考えから、「とうに払ってあるから、当分は感謝」とおラクスタイルに交代見込める店。
月々の費消も決して重荷ではありませんでしたが、この方法は私の持ち味にぴたっとだったようです。
それから数年たち、すぐさま払い込み卒業。
さながらレジャーのみたいでした。

私の節約施策

俺はカットを、ほどほどにですがする。
でも、さほど変わったことはしていません。だからこそ誰にでも出来るようなカット方式を指南できると思っています。
ポイントは、苦労を惜しまないことです。例えば、もしカットのために使っているタイミングをパートに当てていたら…とは考えない定義。大売出し上級のチラシをいくつもゲットして、周辺でも少ない上級を探し、価格差を頭に叩き込んで、上級をめぐります。卵はこういう上級のほうが、野菜は別の上級のほうが安いとなればドシドシ、梯子をします。
チラシは、毎朝書斎に早めによれば、新聞紙から出たゴミチラシが無料で配布されているので、それをゲットします。お年寄りとの賭けになるので頑張ります。
かなぐり捨てにくいのが局面カード。なるべく、局面が二ダブルや三倍に至る日数をポイントにして買物をすることで効率よく局面を貯め、ただでお会計を取れる催しを足します。またバウチャーや、クオカードのいただける懸賞などもチェックします。カットだけでなく、細やかな増収も願う結果、結果的には生活費に要するような現金を燃やすことが出来ます。自炊がメインになるので食費も安くなり、一石二鳥だ。

軽減で大事な注文テクニック

女でも学生でも最近ではきっちり節約してる人も少なくないでしょう。どうも上がらない支給。でもOFFや連休は遊びたいですよね!そしたら、日々のコストダウンがほんとに大事です!とりわけコストダウンで多くの人がやるのは費消よコストダウンではないでしょうか。では無駄無く食費を節約する施術をご紹介します。
1.購入は必要な物を必要な分だけに決める。
日々のお購入は欠かせないですよね。スーパーマーケットにいるとたまたまいらない物まで買って仕舞うなんてことはないですか。購入で大事なことは必要な分だけを貰うということです。
2.はじめウィークの製法を考えよう
1で購入は必要な分だけと述べましたが、ここで大事なことはその必要な物をまず形づくるということです。女にとって、毎日の夕飯の副食を策するのってそんなに面倒いし、大変ですよね。週末か月曜日にある程度決めて購入に出かければ無駄な物を買わなくて済みます。
3.アピール審査で安いのはキープしよう
只今、お野菜が本当に高いですよね。野菜で割り引きしていたらとりわけ買って直ちに使わないなら冷凍やる。じゃがいもや玉ねぎなどは少ないら買っておきましょう。賞味期限も長いので少ないら買っておくのがオススメです。
無駄な購入しないことが一番のコストダウンだ。ただそれにとらわれずリフレッシュもしながらコストダウンを楽しみましょう。

節電食い分を蓄財に回す手段を講じる事が重要です

コストダウンをしているのに強敵蓄財できないと嘆いて要るユーザーをちょこちょこ見かけます。コストダウンは水の泡を排除する事で、それができても何か新たに仕事と想う要素に金を使えば、当然蓄財はこなせるものではありません。
蓄財のためにコストダウンをするなら、何かを工夫してコストダウンで浮いた金は、確実に蓄財に回す事が必要です。例えば、サイト回線やスマホ等の通報費を見直して、5千円/月々コストダウンできたなら、その分を毎月積み立て預貯金で天引きで強制的に預貯金叶える要素などが必要です。
自分はないもので、コストダウンで浮いた5千円や10000円と言った儲けは、意識せずに外食の頻度が増えてたりして、どこかに消えてしまうものです。切り捨て、そういった外食など新規娯楽や空きインスピレーションを得ようとするなら、それはそれでOKですが、蓄財を増やしたいためにコストダウンをするなら、コストダウン当たりを蓄財に強制的に見廻るようにする事が最も重要なのです。
一方でコストダウンを考えたシーン、今後は電力組織も解放され、電力とケータイと確立回線など様々な組合せ割り引きなどが取り敢えずレベルアップし、ユーザーは十分に考察しなければ、むちゃくちゃを見極める世の中になりかねません。
組合せ割り引きはユーザーを取り囲むためのサポートで、個別に最安を選択してそれをトータルした方法よりはやっぱり厳しい場合も多いものです。昔ながらのコストダウン秘訣以外に、今後は複雑な混合などを比較検討する能力もコストダウンのためには必要な年代と言えますネ。

明日から誰にでも出来る簡単な節約術

節約って、意識していても、ついつい衝動買いしてしまったりとか、不必要な物まで買ってしまいがちです。

ありませんか?部屋の中に半年以上読んでいない本、使っていない家電、今年着ていないままの服、はたまた「これ何で買ったんだろう?」と思ってしまうような逸品まで…。

そんな生活とおさらばして、本当の意味での「節約」つまりシンプルライフを手に入れる為には、幾つかのポイントがあります。

まず、明日から誰にでも直ぐに出来る節約術をご紹介しましょう。

それは至ってシンプルで、ずはり「お財布の中に必要以上の現金を入れない(持ち歩かない)」です。

貴方の一日の使える金額を、収入から計算して見て下さい。

例えば、貴方が一日に使える金額が3千円だとします。

3千円しか財布に入れません。

それだけです。

どうです?

物凄くシンプルでしょう。

3千円しか持たずにスーパーに買い物に行って、「あ、今日はケーキが食べたい」と思っても、「今日は上等なお肉にしようかしら」と思っても、残金が少なければ当然買うことは出来ません。

いきなりこの方法が不安な方に、保険としてクレジットカード1枚を所持します。

どうしても!どうしても!!必要な時に役に立ってくれる、必殺アイテムです。

ただしご注意あれ、クレジットカードの請求額に。

毎日の中で、少しずつやっていき継続させる

このご時世、テレビで節約や貯蓄の特集やインターネット記事を見ると読んでしまいます。

節約は貯蓄に繋がっていくので、継続しなきゃ意味がありません。でも節約節約だと、たまにはちょっと贅沢もしたいという気持ちにもなりますよね。

そこで現在行っている節約をご紹介します。

ありきたりですが、小まめに電気や水道を止める。

エアコンのフィルターや室外機も定期的に掃除をする。(これをすることで電気代が大分違います)

お風呂は、家族みんなまとまった時間に入る。(追い焚きする時間が少なくて済みます)

お風呂の残り水を洗濯に使う。

使い古したタオルを雑巾として使う。

料理編です。玉子焼が余れば細かくしてチャーハンや春雨サラダの彩りになります。

お味噌汁は、冬場なら多目に作っても次の日も大丈夫なので手間が省けます。

カレーやシチューといった煮込み料理は、圧力鍋で作れば時短にもなるし、ガス代も少なくて済みます。

思い付く限りではこんな感じで、使い回しながら節約しています。

貯蓄も、毎月少額を積み立てて継続していきたいです。

毎日出来ること、毎月出来ることをこつこつやっていくこと。それを継続していくことが節約や貯蓄になっていくと考えています。

歩こう、やせよう、そして、節約しよう!

節約には歩くのが一番!!!歩いても交通費1日500円程度しか節約できない?と言う話もでてきそうですが、1日500円が1ヶ月1.5万円になるのです。

さらに、車もダイエット用のスポーツジムも不要になりますから、人によっては月に10万円も節約できてしまう恐ろしい話になってしまいます。

さらに、コンビニに対して我慢ができれば1ヶ月でさらに1.5万円の節約ができてしまうと言う素晴らしい成果ができてしまいます。

歩くのを強制するだけで月3万円も浮くのに、生活習慣病の予防にもつながり、将来の医療費まで削ってしまうから、歩き続けるだけで労働している時以上の貯蓄を作り出してしまいそうな予感がします。

歩くだけでは行動半径が狭いけど、普通の自転車を使えば、行動半径も広がってダイエットまでできて、そのうえ節約までできてしまう素晴らしい効果が生まれてしまいます。

駐輪場代も交通費やガソリン代と比べると格安です。

自転車や歩きを駆使できれば節約とダイエットを両方行うことができます。

さらに、自転車に乗りまくるために酒やタバコを禁止すると節約効果がさらに大きくなり、体がもっと健康になって将来の医療費もさらに削減できそうな気がします。

貯蓄も節約も目標を持つ事が大事です

私達は貯蓄するときの目標は、老後の生活・家・旅行等の目標があると思います。

それと同じように、節約にも目標を持つと楽しみながらでき、貯蓄もできると思っています。

独身時代、浪費癖のあった私はお給料日前になると、「あと何日ある、どうしよう。」という生活をしてました。

そんな私が、節約の目標にしたのは、「お給料日前に焦らないで済むようにする」でした。

でも、節約なんてしたことがない私は何から節約するのがいいのか迷っていると、母親がやっていた事を思い出したのです。

大学ノートに毎日のレシートを貼り、使った金額を書き出していた事を真似て、使った金額ごとに色分けをし、自分流にやってみました。

始めの1か月は食費なら黒、トイレットペーパーのような生活消耗品は緑、化粧品は赤というように好きな色で各項目ごとにレシートを貼ったノートの下の空白部分に書いていったのです。

2か月目は、大学ノート1ページに1枚のレシートを貼りその横に、品物名と金額を色ボールペンで書き出すという方法に変えてみたところ、同じものを短期間に買っている事に気が付きました。

3か月目は、大学ノート1ページを3つに割り、左に買う予定の物と予算を色ボールペンで書き、中央にレシートを貼り、右に品物名と金額を色ボールペンで書くを繰り返していくと、2か月目に気が付いた同じも野を買う回数が減り、お給料日前に焦ることがなくなってきました。

主婦になった今、節約の目標が「キャンピングカーを買い、夫婦で旅行をする。」になり、レシート貼り節約を今も続けています。

うまくやれば貯蓄は誰でもできる。

結婚後、将来の生活に向けて貯蓄しようと決めてから、結婚して3年で数百万の貯蓄ができました。まわりからは驚かれています。

私の貯蓄のコツで一番大切だと思ったことは毎月必ず貯蓄する金額を決め、それを別の口座など手をつけないところで貯蓄することです。私たち夫婦は旦那さんの給料で貯蓄と家賃、水光熱費を、私の給料で生活費を出しています。毎月決まった額を貯蓄するだけで年間100万円近い貯金ができることになります。毎月溜まっていくことがわかっているので、日々の生活費を切り詰めることなく少し気持ちに余裕を持って節約に励むことができます。

生活費では特価品を買うことはもちろんですが、野菜などもいくつかのスーパーをまわり安いお店で買ったり、スーパーの安い野菜で食事の献立を考えたりしています。野菜は偏ってしまうこともありますが、味付けや料理法を変えています。貯蓄のためにやっていることを旦那さんにも伝えると同じ野菜が並んでいても少し理解をしてくれるようになりました。二人で力を合わせてやっていく貯蓄なので、旦那さんにも現状を話し協力して行っています。

貯蓄をはじめるとお金が少しずつ溜まっていくことに喜びを感じ、より貯蓄が楽しくなります。ぜひ一緒に頑張りましょう。